スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問!!! 言われたことはできるのに・・・

Q 「言われたことはできるのに、自分から動こうとしない選手がいます。どのように指導していけばいいでしょうか?」

A 最近、企業でも学校でもそういう人が増えているとお話をよく聞きます。それは、その選手たちが受けてきた教育や環境の結果なのですが・・・。人間はある種の未熟状態で生まれます。20年25年かけて成熟していくのですが、自立する方向か、コントロールしやすい方向か、どちらで教育されてきたかで今の行動は変わってきます。
戦後の日本の教育は、コントロールしやすい人間を作る教育だったと思います。だから、言われたことはできるがが、自主的に行動を起こす、発案するという脳のメカニズムにはなっていないことが多いのです。
では、どのようにすればいいのか?

まずは、人間の本質的能力である「集中力→直感力→想念力→創造力」が開花するように、常に集中状態でいられるトレーニングが必要になってきます。
ある会社では、集中力トレーニングを行っただけで、行動が変わった、コミュニケーション能力が上がった、競技力が上がったなどの結果があります。
その上で、選手として人間としての知恵をつけていくことで、選手はせいちょうしていくことになりますね。神戸西2

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。