スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学研新書出版のエピソード

「今回の本が出版されるようになったのは」(8月26日)

「学研の役員会で」(8月23日)

「なぜ今まで本を出版されなかったか?」(8月22日)

「出版原稿と地震」(8月22日)


hasegwa1

「出版エピソード」をアップしています。
全国有名書店「学研新書コーナー」で発売中。

(近くの書店にない方はここで購入できます)
ショップ学研
amazon
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

書籍出版のプロローグ

長谷川先生講演
長谷川先生が、
「書籍出版のプロローグ」を書かれましたので、ここ紹介します。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

僕が高校教員時代に生徒たち見て感じた素朴な疑問は、

「同じ年の生徒たちなのになぜこんなに能力格差が生じてしまうのか?」でした。

 以降、その素朴な疑問を解明し格差をなくすためにはどのように教育を取り組めば良いのか

という答えを見つけるために人生の大半を費やしてきました。

 研究を深めれば深めるほどに疑問が膨らみ、ついには独立して

それを研究するための会社(シンパシィ・ユニオン)まで作ってしまいました。

 しかし、いくら掘ってもその答えを得ることができません。しばらくして分ったことは、

心理学や教育学などでは答えを導き出せないということでした。

これは虫眼鏡で原子を見ようとしているのと同じなのです。

 人間を深く理解するには、宇宙や量子の世界を理解することが不可欠だったのです。

 叡智、即ち、深遠なる道理を悟るには、私たちの知らない世界の情報を知ることが

不可欠であることが理解できたとき今まで求めていた答えを発見することができたのです。

 この本では、過去の人間研究を踏まえて「優先順位」を中心に、

人間の能力アップのメカニズムについて少しでも理解を深めていただいて

「人生を豊かにする」ためのお役に立てればと思い執筆させていただきました。

 僕の友人たちのお陰で大阪の紀伊国屋書店や旭屋書店では、

新刊書コーナーで平積みしていただけるとか。

 全身全霊の思いを込めて執筆した初の書籍ですが、

みなさんに愛読し可愛がっていただければ幸いに存じます。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

(近くの書店にない方はここで購入できます)
ショップ学研
amazon

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。